子宮腺筋症の症状には、次のようなものがあげられるでしょう。 ・月経が2週間以上続く ・月経時の出血量が多い ・月経痛(食生活を変えると改善できることもあるようです)が激しい ・貧血が起こりやすい ・不妊症になりやすい ・流産しやすい ・便秘(場合によっては、排便できても残便感があったり、口から便臭がすることもあるでしょう)や頻尿なんかの身体の不調 月経がダラダラと2週間以上も続いたり、月経時の出血量が異常に多くてレバーのような塊を伴ったりするような場合は、子宮腺筋症以外の病気も考えられますので、早めに婦人科の受診をお勧めします。 また、月経痛(早めに鎮痛剤を服用するのも一つの方法です)が激しいと訴える女性(ヒット商品やブームを生み出すには、ウケを狙う必要があるでしょう)は多い為、これくらいなら薬で我慢しようと行っている人をよくみかけます。 けれど、痛みの感じ方は人それぞれで、鎮痛剤の量が以前と比較すると増加傾向にあるようでしたら、とりあえず子宮の病気を疑いましょう。 子宮腺筋症の場合は、特に腹痛の症状(なかなかつらさを他の人にわかってもらうのは難しいものです)が強く現れるようです。 他にも、子宮腺筋症になると、貧血になりやすかったり、不妊の原因や仮に妊娠しても流産しやすかったりしますし、便秘(排便がない期間が長く、排便が困難なことをいいます)や頻尿(尿漏れや残尿感が起こることもあるかもしれません)と言った身体に様々な不調を齎します。 ただ、子宮腺筋症であっても全く症状に気付かない方もいらっしゃいますが、そのような場合でも少しずつ症状は悪化していると考えた方が良いでしょう。 症状(自覚できるような畭変は何も起こらずに進行してしまっていることも少なくありません)が進行してしまうと子宮全摘出にまで発展してしまう怖い病気でもありますので、子宮関係で多少の異常に気が付いた場合は、早い段階で発見を目指し、早めに受診するようにしてくださいー